秘密の恋愛テクニックで魅力アップ!!
登録はコチラ

慢性疲労症候群

鬱病と大きく関連する症状として比較的最近注目されるようになったのが慢性疲労症候群です。

慢性疲労症候群とは、特定の心理的および身体的原因がないにもかかわらず、健康だった人が風邪などのウィルス感染をきっかけに発症。この疲労感は強い全身倦怠感で、微熱、頭痛、脱力感や思考力の低下を伴い、鬱病を合併することもあります。

そのような状態が長期にわたって続くため、健全な社会生活が送れなくなることもある病気なのですが、原因はいまのところはっきりしたことはわかっていません。

慢性的な倦怠感ということであれば、肝機能低下や貧血の場合でも起こりえますが、慢性疲労症候群においては、そうした原因が見つからないのです。

そのため、慢性疲労症候群という診断を下すのはなかなか難しいようです。以前お話しました身体表現性障害も、慢性疲労症候群と重なる部分が多いようです。

そんなわけで、治療法はまだ確立されてないようです。医師によって、漢方を用いたり、認知行動療法を行ったり、抗鬱剤を投与したりと様々です。

鬱病、身体表現性障害、そして今回の慢性疲労症候群も含め、身体をただの物質とみなすデカルト的見方では説明の付かないメンタル的要素の濃い症状は、正に現代病といえましょう。
posted by メンタルヘルス? | Comment(0) | TrackBack(1) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

慢性疲労症候群
Excerpt: 慢性疲労症候群での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
Weblog: 一語で検索
Tracked: 2007-08-17 21:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。