秘密の恋愛テクニックで魅力アップ!!
登録はコチラ

大きいということ

コンプレックスについてちょっと考えてみました。

コンプレックスの中身は人それぞれとはいえ、ちょっと面白いテーマが見つかりました。

まずはこれ。

あきらめないで!背は伸びる!

一昔前には、男性の理想は3高(高収入・高学歴・高身長)だなどと言われていました。価値観がより多様化してきた現在では、必ずしも3高が理想であるとは言い切れないでしょうが、収入や学歴、そして身長がコンプレックスになりうるといった点は、現在も変わりないように思われます。

次はこれ。

最初半信半疑で買いましたが、これは効きます!

敢えて、内容が解りづらいキャッチコピーのものを選んできたのですが、怖くてクリックできない人のためにヒントを…





女性がターゲットです!





答えはバストアップの広告。これもサプリやその他の食品、あるいはエクササイズなど、たくさんの情報があふれています。

身長やバストについては、大きいことが価値あることだという流れは、どうやら今も昔もあるようです(身長については正確には「大きい」ではなく「高い」ですが…)。

確かに人間は、幼少期から青年期にかけて背が伸びますし、女性であればバストも発達します。そして、他人と比べるのではなくして過去の自分と比べたならば、ある一定の時期までは、過去の自分より現在の自分の方が大きい─つまり大きさとは成長の証だと捉えることもできるのではないでしょうか。

勿論それだけが原因ではないと思いますが、以上が大きさにまつわるコンプレックスの一要因であることは否定できません。

プラトンもしくはプロティノスの著作で、大きいことは価値あることであるというフレーズを見たことがあります。二人とも古代ギリシャの哲学者ですが、大きさにまつわるコンプレックスは古今東西時代を問わずなのかもしれません。

しかしながら、程よい大きさというものもあります。

ですので、自分の「大きさ」については考えないことにしましたw
posted by メンタルヘルス? | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

HMGA2
Excerpt: 身長を決める遺伝子はあるだろうなとの予想は付きます。 そして、今回身長に関与するとわかったHMGA2ですが、平均1cmの違いとなれば、当然身長にはその他の遺伝子も関与すると考えねばなりません。 し..
Weblog: サイエンスノート─薔薇幻想─
Tracked: 2007-09-04 00:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。